ゴルフ雑学百科
ゴルフ雑学百科−GOLFに関する雑学を集めました
本文へジャンプ

GOLFトレンド情報
あらゆる分野から集めたゴルフ情報

肩でストロークする安定したパッティング・スタイルづくりに

「リョーマゴルフ」の「ハイルストローク」を使ってみました。
メーカーの謳い文句は「勝手に入るストロークになる」です。

写真を見てもらえば分かるかと思いますが、レールの低い方の手前にボールをセットして普通にパッティングをするのですが、理想的なストロークができていないとフォローでパターヘッドがレールにあたってしまいます。
普段どおりのスタイルで打ってみるとフォローでレールが邪魔で窮屈に感じます。
無意識にレールを避けているだけで、恐らく普段どおりに振っていくとレールにあたってしまっているのでしょう。
何度か打ってみるうちに、どうやらインパクトからヘッドをまっすぐに押し出そうとして無意識に腕や手首を使ってしまっている事がわかります。
なるほどこれで練習すればパターの理想的な打ち方である、手首も腕も使わずに肩のストロークだけで打ついわゆる振り子ストロークが身に付きそうです。

調べてみると、グリーン上でもボールはほんの僅かですが芝に沈んでいるのでグリーン面と平行にまっすぐに押し出していくと芝の抵抗でスムーズに転がりません。
そこでインパクトでまずボールを芝から浮かせるためにパターにもちょっぴりロフトがつけてあるのですが、そのために今度はまっすぐに押し出すとボールに過度の逆回転がかかってしまいスムーズに転がってくれません。
転がりだしてすぐにボールに理想的な順回転をあたえるためにはこのレールに沿った動きが不可欠です。

なるほど、理論的にもこの「ハイルストローク」は理に適っているみたいです。
予算に余裕があればボールをはさんで前後にセットするとテイクバックからフォローまで完璧にワンピースで肩のストロークだけで打つパッティングができるようになるのではないでしょうか。
パットで悩んでいる方にはお奨めできる練習器具です。



「リョーマゴルフ」へはこちらからどうぞ>>>
ハイルストロークをネットで購入するならこちらが安いです!>>>




 
  サイトマップ   当サイトについて   プライバシーポリシー 
inserted by FC2 system